General info

壁を破って出て来る女性
運命の壁を破る!!

●ページ更新日:2024年05月10日

真波動鑑定とは

真波動鑑定

実は、人は誰しもが「自身固有の波動(リズム)」を持っております。

その自身固有の波動は、自身の「生命力のタイプ」と「盛衰」を示しており、それを知る事によって、自身の将来において起こり得る事象を知る事が出来るものなのです。

真波動鑑定とは『自分固有の波動を利用する事によって自分の運を望ましい様にコントロールする方法』を伝えさせて頂くというものになります。

自分の運を自分で開く術を示させて頂くのが当鑑定である』とも申し上げられます。

★大師匠の遺産です

この方法は、私の師匠の師匠にあたる方(以下、便宜的に「大師匠」と記させて頂きます)が、半世紀以上前に明かされたものであり、当時ご縁があった方々の間で、その的中度、そして何よりも実用した時の効果の高さがヤバイというふうになったものであるのですが、大師匠が広くに流布されなかった事や、当時は情報が易々と拡散する様な社会ではなかった事などから、約半世紀もの時を経た今となっては、所謂「知る人ぞ知る」もの、言い換えますと世間一般には殆ど知られていないものとなっております。

実を申しますと私はこの方法を1990年頃から知っていたのですが、大師匠が世に広められなかったものを自分が世に出すという思考が無いまま昨今に至っていたのです。

しかしながら、時勢の著しい悪さのため良い軌道に乗り難くなっておられる多くの方々に対して何かさせて頂ける事が無いものかと考えた時に、この方法が強力な自身の助けにして頂けるものであると思うし、大師匠はこの方法を使う事そのものを禁じられた様なわけではないしetc…という事になり、僭越ながらご希望の方に提供をさせて頂く事に致した次第でございます。

「一生モノ」になります

人が持つ波動は一定の周期で同じパターンを繰り返すものです。
よって当鑑定は、一度受ければ一生涯に亘りご自身の助けに用いて頂く事ができるものとなっております。

★真波動鑑定という名称について

ここで言うところの「波動」は、一般的にある統計学等に基づいたものではなく、ピンと来て頂きにくい表現かとは存じますが「大自然界の法則そのものと自身の固有の関連性を数値化したもの」…つまりは「本当の」波動であるという事から、一般的なものとの区別を付ける趣旨で『真波動鑑定』の名称を用いさせて頂いているという次第になります。

※実は元々固有の名称が無く実務上において何かと不便であるというわけで、私が当方の便宜上にて銘打たせて頂いた独自の名称です。

私について

マハロ開運堂・瀬戸貴史の顔写真01

瀬戸 貴史(せと たかし)と申します。

基本的には福岡市で2001年から一般的な整体院を営んでいる整体師なのですが、1989年に自らがケガにより長らく日常生活もままならない身体になってしまったのがきっかけとなって現代ではあまり知られていない「原始仏教」つまりは宗派に分かれる前のブッダが元々説いた教えを独自に追究してきたうちに、意図せずして、いつしか僧侶、陰陽師、スピリチュルカウンセラーといった方々から何かと頼って頂く様になったという、一風変わったヤツです。

さらに詳しい私の情報につきましては「プロフィール」のページに記させて頂いておりますので、ご所望であればご覧くださいませ。

※前項の中で触れさせて頂いた私の師匠とは、私に原始仏教の真髄を教えて下さった方という意味での師匠になります。

※特定の宗教やその系の組織とは一切の関わりなくやらせて頂いております。
(というかそもそも原始仏教を伝えている組織って現存するのでしょうか??)

波動の影響と利用

★波動の影響

波動(リズム)というからには言われるまでもないという話かもしれませんが、波動には強い時と弱い時があります。

波動のイメージ

そして波動が強い時には、災難や不幸の類が起こりにくいうえに、この時に始めた事(例えば起業や結婚等)は良い波に乗りやすくなる等、総じて物事が順調に行きやすくなります。

逆に波動が弱い時には、災難や不幸の類が起こりやすいうえに、この時にやり始めた事は良い波に乗り難くなる等、総じて物事が順調に行き難くなります。

また、波動が強い時に来た結婚話や事業の話等は良縁である場合か多く、逆に波動が弱い時に来た結婚話や事業の話等は問題が生じやすい縁である場合が多いという面もあります。

★波動の利用

例えばですが、仕事の新たなプロジェクトの開始日や結婚の日取り等は自分自身や相方の波動が共にできるだけ強い日を選ぶ様にする、波動が特に弱い日には旅行の予定を入れない様にするといった事が、波動を利用する(=自分の運をコントロールする)という事になります。

手帳を見ながら予定を組んでいる女性(イメージ)

「波動を利用する」という言葉だけを取ると何やら難しい様に感じられるかもしれませんけれども、実際のところは別に難しくないという事がお分かり頂けたかと思います。

その別に難しくない事によって、同じ事を為すにしても良い結果を得やすくする、災難や不幸の類を避けやすくするという事ができるわけであるのです。

他者の波動との関連性

★家族との関連

家族の集合写真(イメージ)

家族の一人に不幸が起これば、家族全員が不幸な要素を持つ事になります。

自分の家族の波動は、自分と密接に関連し合うという話なのであります。

自分の波動が弱い時であっても家族の誰かが波動が強い時には、中和の作用が生じ、自分にとって望ましくない事象が起こりにくいという事が起こります。

家族間で「弱い波動」が重なる時は特に注意が必要であり、逆に「強い波動」が重なる時は絶好のチャンスであるという事になります。

つまりは、ご家族の波動と組み合わせで図る事によって、精度の向上が得られ、良い結果をより得やすくなるという話であるわけです。

★家族以外との関連

家族以外であっても、自身との関わりが特に深い人の波動は、自身と大いに関連し合います。

恋人や仕事のパートナーといった相手が該当します。

社内会議の模様(イメージ)

例えば結婚をお考えの場合や共同による新規事業をご計画の場合等に、相方さんの波動と組み合わせで図ると、良い結果をより得やすくなります。

レビュー

実際に鑑定を受けられた「Kさん」から頂戴したご感想を紹介させて頂きます。

※ご本人から許可を得たうえで掲載をさせて頂いております。

※上級鑑定(詳しくは「鑑定の内容・料金・申込」のページに記載)を受けられてのご感想です。

Kさん
マニュアル含めそのボリュームに驚き??です。
また、結果だけでなくマハロさんが伝えたいことの思い、文章のはしばしから伝わってきました。
「重要なポイント」の内容には本当に励まされます。
「自分の波動を利用する=自分の運を支配してコントロールする」この内容が、多くの占いで「似て非なる」捉え方語られ方をされていることに気付かされます。
「心に基づいた行いありきの運気」ではなく「運気ありきの行い」として語られていることのなんと多いことか。
前者と後者では自分の過去を振り返ったとき、その振り返り方がまるで違ってくることや真の救いがあるのかないのかの違いに気付きます。
心のあり方や行いがどうであったか正しく省みることで得られる心の安寧こそ真の救いであり、事象をなんでも運気のなせる技とすることには真の救いがないと思うから…それでは明るい未来なんて想像できない。
自分の悪行なんてホントは凝視したくないし、見なくて済むならそうしたいけど…
手を変え品を変え!?繰り返しやってきてしまいますからねー。
少しずつでも前進あるのみ!です。
個人鑑定書ではその具体的な内容がシンプルだけど真意を突いたスルドイご指摘として語られていて、顔を引き攣らせて笑ってしまいました。
でも、そこにマハロさんの私達母娘に対するあたたかい愛を感じました。
心から有り難く感謝しかありません。
ほんとうにありがとうございます。
良心に基づいた行いありきの真波動をよく生きるための助けとして活用していきます。
全身全霊の想いの籠った鑑定…沢山の方にその想いが伝わっていきますように…心よりお祈りいたします。

Navigation

★鑑定の内容・料金・お申し込み方法等

実は、それらまでこのページに書いたらサイト作成サポートツールから「ページの容量が大きすぎる」と指摘されたという次第により、分けて「鑑定の内容・料金・申込」のページで案内をさせて頂いておりますので、お手数ですが下記リンクよりそちらへお進み下さい。

鑑定の内容・料金・申込

よろしければ下の「ご訪問者サポート情報」もどうぞ。
※下段にも「鑑定の内容・料金・申込」へのリンクを貼らせて頂いております。

ご訪問者サポート情報

★ブログについて

当サイトにはブログ機能も組み込んでおりますが、今のところ主に臨時の「お知らせ」に活用する事を目的としており、頻繁に更新を行う見込みでもない事から、サイトのパフォーマンス性を考慮してコメント投稿機能や読者登録機能については設けておりません。

★ウェブアプリ

当サイトには、画面のアイコンをワンクリックだけで当サイトにアクセス可能な「ウェブアプリ」をパソコンやスマートフォン等にインストールできる機能を組み込ませて頂いております。

ウェブアプリアイコンの見本
〔当サイト用アイコンの見本〕

ご自身の需要に応じてご利用を頂けたらと存じております。

※参考⇒ ウェブアプリの利用方法(Google公式ヘルプ)

★私の整体院について

当サイト内「プロフィール」のページに情報を記載させて頂いておりますので、ご興味がおありの方はどうぞ。